ロゴ

自分でもできるシロアリ駆除

白蟻被害

シロアリが好む環境

多くの動物は、餌となるものが近場にあることを好み、飲水がある場所で心地の良い場所を好む傾向にあります。シロアリもそれと同じように、餌と水、心地よい環境を求めて移動をしているのです。

心地よい環境とは

このシロアリ達にとって心地よい環境とは、暗くて湿気が多い場所が該当します。当然天敵となる生物がいないことは絶対条件です。シロアリの天敵となる生物はクロアリだとされています。この2種類は似ていますが、種族的にはまったく別の生き物です。

乾燥に弱い

基本的に乾燥に弱いため、外では蟻道というものを形成しながら移動していきます。住宅の壁や床下にもし蟻道が確認できた場合は、すでに住宅内に侵入している可能性があります。ですから、十分に警戒を強めた方が良いでしょう。

自分でシロアリを駆除する

まずは準備から

調査を始める前に、まずは準備を始めましょう。調査をする時は、床下に潜らなければいけなくなります。床下に潜るためには、マスクや防護メガネ、手袋、ライト、長袖、長ズボンを用意する必要があるのです。忘れずに用意しておきましょう。

調査を開始

住宅内でシロアリを見かけたことがないという人も、シロアリを見かけたことがあるという人もまずはやることは同じです。最初はシロアリがいるかいないかの確認をするために調査をしましょう。上手くいけばコロニーも発見できます。

シロアリの種類を見分ける

シロアリを発見したら、シロアリの種類を見分けましょう。シロアリは種類によって巣の作り方が異なります。中には、特定の場所に巣を持たずに移動するシロアリもいるくらいです。種類さえ分かれば適切な対処ができるでしょう。

市販の薬剤で撃退

シロアリ駆除用のスプレーは市販でも販売されています。この市販で販売されているスプレーをシロアリの巣となっている場所に吹きかけましょう。シロアリは女王アリが生きている限りは全滅しないので確実に駆除しましょう。

駆除後の予防

完全に駆除した後は、侵入を許さないためにも土壌処理をするのが賢明です。床下の土壌やコンクリートに薬剤を吹きかけ、侵入させないように対策をしておきましょう。そうすることでシロアリの被害に怯えることもなくなります。